« 今年も行ってきました | トップページ

これからの地震対策

熊本県を中心に発生している一連の地震により、お亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみを申し上げるとともに、被災されました皆様に心からお見舞い申し上げます。

また、被災者の救済と被災地の復興支援のためにご尽力されている方々に深く敬意を表します。

 

 日に日に地震による被害の深刻さが伝わってきます。今回の地震は阪神淡路大震災や東日本大震災よりも規模の大きいものだそうです、そして大規模な震度7の地震が続けて発生したために最初の地震で倒壊を免れた住宅も2回目の地震で倒壊してしまった例がかなりあるそうです。被害が少ない住宅はやはり2度にわたる耐震基準の見直しのあったあとの建物2000年以降に建てられた建物がほとんどのようですが、2000年以降に建てられた建物でも倒壊してしまった建物もあるようですね、現在の新築の建物は今回の熊本地震程度震度7の地震に対しても倒壊しないレベル(耐震等級1)以上で建てられているので建物内部にいても倒壊した建物の下敷きになって圧死することはありませんが、今回の地震のようにさらにもう一度震度7以上の地震が来た場合は倒壊する危険もあるということになります(立地の問題もありますのであまり心配しないでください)

P4290008_2

 

 いつ起こるかわからない大規模な地震に備えて防災グッズを備えたり、避難場所を確認するのはもちろんですが、それと一緒に今お住まいの家の補強やメンテナンスも重要ですよ、新耐震基準以前に建てられた建物でも耐震補強をすれば安心してすむことができますし、最近では耐震補強にもお金や時間が余りかからない施工方法も開発されてきていますのでぜひ一度ご相談ください、また新基準で建てられた家でも増築や改築をしている場合ちょっとでも不安に感じることがあったら、ぜひご相談していただければと思います。さらにもうひと手間 防災マップの確認や今お住まいの土地の履歴を調べてみてはいかがですか?地域によっては昔 沼地だったり、谷の部分に土を盛った場所だった場合は地盤の補強工事が必要な場合もありますからね

P5110032

いずれにせよ今回の熊本地震を対岸の火事と捉えず教訓としていつ起こるかわからない巨大地震に備えることが必要ではないでしょうか

P5130061

 われわれ建物を供給するビルダーも長期優良住宅(耐震等級3)の普及に努めより強くてより快適な家作りに励んでいかなければならないと思っております

P5160090


 

すみません最後にもう一つだけ

地震保険に加入することも考慮しないとならないかもしれませんね、以前お客様から「お宅で建てた建物は地震保険に入らなくても大丈夫?」と尋ねられることがありましたがそのときは必ず「はい、建物自体は耐震性に優れた建物なので大丈夫ですが地震により発生した火災で建物が延焼してしまった場合は通常の火災保険の対象外になってしまいます」とお答えをしてきました。今の建物は火災が起こっても燃えにくい構造になっているので通常の火災ですと簡単には類焼しないのですが、地震によって発生するであろう大規模な火災に対してはそうはいきません、都会の住宅はお隣との距離があまり離れていない場合が多いので延焼する危険が大きいのは確かですので

|

« 今年も行ってきました | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262505/65344487

この記事へのトラックバック一覧です: これからの地震対策:

« 今年も行ってきました | トップページ